Fabrica Technology Labファブリカテクノロジーラボ

FTL(ファブリカテクノロジーラボ)とは

人工知能(AI)やブロックチェーンを活用した新たなITサービスの研究・開発を目的に設立した、コラボレーション機関です。社内外の専門技術者が集い、ITサービスによる様々な課題の解決や新たな可能性を追求しています。

ビジネスにおいてAIやブロックチェーン技術を活用することは、人手には負えない膨大なデータ処理を自動化できるだけではなく、社会にとって最適なインターネットサービスを提供することに寄与します。
FTLでは、複雑かつ刻々と変化する自動車の相場情報を的確に導き出す技術や、手作業が多い入力・仕分け作業などを大幅に省力化するプロダクトを多数提供し、「Technology × Car Life Data」の実現に貢献しています。

研究開発事例

JSナンバープレート自動認識エンジン
JSナンバープレート自動認識エンジン
ブラウザ上でも動作が可能なjavascriptベースのナンバープレート認識エンジン。
JS車検証QRエンジン
JS車検証QRエンジン
ブラウザ上でも動作可能なjavascriptベースの車検証QR 読み込みエンジン。
プライシングサジェスト
プライシングサジェスト
ビッグデータと機械学習によって個々の車両データから理想的な小売販売価格を算出し、経験と勘に頼っていた中古車の値付けをデータ活用によって最適化。
ピアボーナス × コミュニティー通貨
ピアボーナス × コミュニティー通貨
社内コミュニケーションの活性化、Blockchainテクノロジーへの日常的な接触、コミュニティ通貨エコシステムの実践を目的としたオリジナル社内通貨を開発。

エンジニア紹介

渡辺 友太 Yuta Watanabe

2012
日本マイクロソフト株式会社入社。
デベロッパー&プラットフォーム統括本部 テクニカルエバンジェリストとして開発者向けのマーケティング活動に従事。
2015
株式会社インタレストマーケティング入社。
ベトナム現地法人の立ち上げを行った他、執行役員として受託開発事業を統括。同年経営統合に伴い株式会社ネットマイルに転籍。技術開発本部長を経て取締役CTOに就任。技術部門およびマーケティング部門を統括。
2018
株式会社ネットマイル退任。
当社技術顧問就任。ピットアウト株式会社創業、代表取締役に就任。
渡辺 友太

大西 秀典 Hidenori Ohnishi

当社システム部長 FTL研究開発部長

Artificial intelligence、Machine Learning、Digital media research、DLT / Blockchain
各種プログラム開発、業務用システム開発、Webサービス開発、Webシステム構築、スマートフォン・タブレット向けアプリ開発など。

大西 秀典