全ては捉え方次第。新たな世界をつくりたい。

富永 健太 KENTA TOMINAGA

2017年 中途入社
インタネットサービス事業本部 WEBマーケティング事業部 メディアグループ / 部長
  1. HOME
  2. 新卒採用
  3. 社員インタビュー - インタネットサービス事業本部 WEBマーケティング事業部 メディアグループ 富永 健太

ファブリカに入社した理由を教えてください。

2017年7月に前職の会社で運営していたwebメディア(以下、CarMe[カーミー])の譲渡が決まり、ファブリカコミュニケーションズにジョインする形になりました。会社が変わることによるカルチャーの変化に少し不安を感じましたが、入社前にCarMe[カーミー]として自律性を保たせていただけるとのことで入社を決めました。実際にCarMe[カーミー]のメディア規模も約2倍に増やすことができました。

仕事以外に熱中していることはありますか?

友人たちとサーフィンとスケートボードで遊んでいます。そのため、毎週末には千葉や湘南にサーフィンをしにドライブにいっています。
あとは様々なビジネスに強い関心があるためIRや本を読んだり、実際にサービスを体験したり購入したりして感度を高めるようにしています。また、スタートアップ・ベンチャーの起業家の方やそこで働いている社員の方々とお茶したりしていることが多いです。

現在の仕事内容について教えてください。

ユーザーのためになる、世の中に新しい価値をつくる仕組みを作ることです。具体的には、CarMe[カーミー]というwebメディアの責任者をしており、KGI・KPIの確認やコンテンツの企画・作成・編集業務、どのように多くのユーザーにコンテンツを届けてグロースさせていくかをチームで取り組んでいます。

ファブリカはどんな会社ですか?

良くも悪くも裁量が大きい会社です。当たり前ですが、仕事は自分で作っていかなければいけません。極端な例をあげれば、「新たな事業やサービスを立ち上げたい」や「新たな機能を作って改善したい」ということであればどんな時でもプレゼンし、納得してもらえれば実際にスタートすることができます。自分で仕事を作ることのできる環境ですので、チャレンジ精神を持って挑めば自然とそれなりのキャリアアップをしていけます。

入社したあと、成長できたと思うことを教えてください。

26歳で部長職となり、裁量が大きいなかでの意思決定の量が増えたことで事業に対する解像度がぐっと上がりました。例えば、KGI・KPIを達成するための戦略や設計、施策、日々の業務すべて自分たちで決めて実行しています。また、板金やレンタカーといったオフラインビジネスに関する知見も得ることができ、さまざまな角度でものごとを理解する機会も相まって成長角度が高いと感じています。

ある1日のスケジュール

10:00
出社。事業数値とKPIの進捗確認。
10:30
メールで外部とのやりとり。
11:00
コンテンツ企画。
13:00
ランチ。
14:30
社外打ち合わせ。
16:00
社内打ち合わせ。
17:30
編集部から上がってきた記事テーマ確認とフィードバック。
18:15
担当サービスのスケールについて検討、推進。
19:00
退社。