笑顔を絶やさず、「仕事もプライベートも常に楽しく」を心がけています。

加藤 諒平 RYOHEI KATO

2018年 新卒入社
オートサービス事業本部 BP・レンタカー事業部 運営部 運営グループ / スタッフ
  1. HOME
  2. 新卒採用
  3. 社員インタビュー - オートサービス事業本部 BP・レンタカー事業部 運営部 運営グループ 加藤 諒平

ファブリカに入社した理由を教えてください。

私は昔から保守的な性格で、チャレンジ精神や出世欲などがほとんどありませんでした。しかし、ある時ふと「このままではだめだ」と思い、チャレンジ精神を大切にしている会社を受けてみようと、就職活動の時に決意しました。その時にファブリカの求人を見つけ、若い人でもチャレンジできる社風のファブリカなら、周りの熱意に影響されて、私も変われるのではないかと思い、入社を決めました。

仕事以外に熱中していることはありますか?

熱中というほどではありませんが、1年くらい前から服に興味を持ち始めました。といっても、以前まであまりファッションに気を遣うことがなかったので、やっと人並みになれた程度です。学生の頃、古着を扱う中古品販売店でバイトしており、そこのバイト仲間の影響で、ブランドを調べたり買いに行ったりするようになりました。欲しい服を見つけては、「高いから買えないな」と悶々とする日々を送っています。

現在の仕事内容について教えてください。

事故車の修理見積作成が主な業務です。他には、お客様の事故車両の引取、修理車両の納車、そのための洗車・車内清掃、保険会社様と修理金額の協定なども行っています。また、お客様にお貸しする代車やレンタカーの点検、オイル交換、タイヤ交換なども業務の一つです。現在私は、営業所内での仕事がメインですが、積載車で東海三県を回り、引取納車、レンタカー搬送などを行っているスタッフもいます。

ファブリカはどんな会社ですか?

私の所属しているBP・レンタカー事業部では、自由に仕事をさせてもらえます。「こうしたい」、「こうやってみたい」と思ったことを、実践させてもらえます。しかし、自由に仕事ができるということは、その責任を自分で取らなければなりません。最初はそれが怖かったのですが、ミスをしても先輩や上司の方々がしっかりとフォローしてくれるので、今では安心して業務にあたることができています。

入社したあと、成長できたと思うことを教えてください。

当たり前のことではありますが、お客様の気持ちに寄り添うことの大切さを学べたことが、私の一番の成長だと思います。私の所属する部署は、基本的に車で事故を起こされた方を顧客としています。そのため、お客様は最初から不安や怒りといったマイナスの感情を抱かれていることが多いです。その気持ちに寄り添い尽力する先輩や上司の方々を見て、自分で体験し、それがお客様の安心や喜びに繋がるということを痛感しました。

ある1日のスケジュール

09:00
出勤・朝礼。
09:15
当日の案件確認と前日までの案件処理。
10:00
午前までの見積作成・来訪対応・案件処理。
12:00
事務所内にて昼食。
13:00
午後からの見積作成・来訪対応・案件処理。
17:30
翌日以降の案件確認と当日未処理案件をチェック。
18:00
帰社。メールチェックや日報作成。支店で勉強会を行ったり、営業戦略を立てることもあります。