自分の企画したWEBサービスを通して、「価値ある情報をユーザーに提供する」ことが目標です。

小島 沙也子 SAYAKO KOJIMA

2017年 新卒入社
インタネットサービス事業本部 企画開発本部 マーケティングチーム / スタッフ
  1. HOME
  2. 新卒採用
  3. 社員インタビュー - インタネットサービス事業本部 企画開発本部 マーケティングチーム 小島 沙也子

ファブリカに入社した理由を教えてください。

学生時代はフリーペーパー制作団体に所属し、誌面コンテンツの企画提案や取材、ライティングなどに取り組んでいました。そこで企画職に興味を持ち、ファブリカの企画インターンシップに参加したことがきっかけです。
同じ「企画」でも、紙媒体とWebサービスとでは利用者の人数や幅、また表現できるコンテンツ内容も大きく異なります。より多くの人々に対して価値ある情報や体験を提供したい!という思いから、IT業界での企画の仕事に飛び込みました。

仕事以外に熱中していることはありますか?

昔から動画を見るのが大好きだったのですが、最近見るのは専らYouTubeばかりです。最近は料理系の動画にハマっていますが、ゲーム系、美容系、動物系など様々なジャンルを視聴しています。
中でも人気YouTuberたちの動画は、突出した専門性があったり、視聴者のニーズをうまく汲み取った動画を作成していたりと「コンテンツ力」の高いものばかりで、つい時間を忘れて見入ってしまいます。企画者としても、コンテンツ作りの勉強になるので一石二鳥です!

現在の仕事内容について教えてください。

私はマーケティングチームに所属し、自社で運用している検索型広告の分析や改善業務、また担当サービスの運用・企画・ディレクションといった業務を行っています。
検索型広告は、車を売りたい、買いたい、見つけたい…などといったユーザーのニーズを汲み取り、的確なサービスをご案内できることが大切です。私の運用する広告を通して、より多くのユーザーを課題解決に導くために、日々の分析と改善を重ねています。

ファブリカはどんな会社ですか?

若手にも様々なことに挑戦するチャンスがあり、学びの機会が多い会社だと感じます。早い段階からチームの一員として企画・開発の経験を積むことができ、提供するサービスやWebに関する知識、仕事の進め方などをどんどん吸収することができます。 
また、社員の成長のためにサポートしてほしいことを積極的に提案でき、制度として整えてもらえるところも、この会社の特徴だと思います。実際に、若手社員向けの「Mac購入補助制度」といった制度などがいくつも実現しています。

入社したあと、成長できたと思うことを教えてください。

入社当初は、「自分が」企画をしたい、という自分本位な考え方が強かったですが、仕事を通して「ユーザーのために」企画をする、という意識に変わったことが大きな成長かなと思います。良いサービスを提供するためには、サービスを利用するユーザーのことを第一に考え、よく理解することから始まります。今後も、自分の企画したサービスが世の中においてどう役立つのか?を常に意識し、より良い企画提案に繋げていきたいです。

ある1日のスケジュール

09:30
出社。一日のタスクとスケジュール、メール、前日までのマーケティング情報などをチェック。
10:00
デイリーミーティング。前日までの成果報告や情報共有、今後の施策について相談。
10:15
運用を担当する自社広告の状況確認、分析。
11:30
担当サイトのコンテンツ作成。ライターへの発注業務やリライトを行う。
13:00
昼食。セミナーで知り合った他社マーケターさんとランチに行き、情報交換することも。
14:00
ディレクション担当案件のミーティング。起案者、企画、開発担当者間での確認や意識共有。
15:00
サイトの改善提案準備のために、企画書を作成。
18:30
退勤。