1. HOME
  2. テックブログ
  3. どんなデザインが良いデザイン?入社1年で学んだ「デザイン」とは

どんなデザインが良いデザイン?入社1年で学んだ「デザイン」とは

はじめまして、入社二年目の赤堀です。私の職種は、webデザイナーというものです。

今回は、私が入社してから今までの一年ちょっとで「デザインとは」について学んだことをこの記事でまとめたいと思っています。

私の考える「デザインとは」

私は入社するまで「デザイン」というものをしたことがありませんでした。正確には、これまでイラストを描くことはありましたが、DTPデザインやUI/UXデザインなど、「目的を得るために計算されたデザイン」や「結果を得るための効果的なデザイン」を意識してデザインをしたことがなかったのです。イラストの中にもデザイン性(計算や根拠、意図など)を求められるものもありますが、私が描いていたイラストは「自分の表現したいものを好きなように表現する」もの、つまりアートでした。

イラストもデザインの1つでは?と思う方もいるかもしれません。一般的に浸透しているデザインという言葉は、「見栄えをよくするもの」という意味合いが強いのではないでしょうか。

しかし「デザイン」とは、

デザイン(英語: design)とは、審美性を根源にもつ計画的行為の全般を指すものである。意匠。設計。創意工夫。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3

とwikipediaにもあるように、ただ見栄えをよくするためのものではなく、対象(デザインで表現したいもの)がよりよく見えるように計算されたものを指すのだと、私は考えるようになりました。

このような考え方の変化により、今まで私が行ってきたものは「デザイン」ではなく、自己表現としての「イラストを描く行為」だと思うようになったのです。

「デザイン」には言葉としての定義はありますが、デザインとは本質的に自由なもので「デザインをすること」については正確な定義や正解などは無いと、私は考えています。ただ、デザインについて正解がないとはいえタブーやセオリーなどはありますので、「こうデザインするのがよい(より正解に近い)」というものは存在します。

例えば色相環を用いた色の選択や、黄金比や白銀比などのバランスの取り方、フレームインフレームや三角構図などの魅力的な構図など、先人たちが編み出してくれた美しいセオリーがあります。これらはデザインをより魅力的にするための技法であり正解ではありませんが、これらから外れないことが「(比較的)間違のないデザイン」になるでしょう。

色相環・黄金比

デザインとはただ見栄えをよくするだけではなく、受取手に一番伝えたい情報を効率的に伝え、意図された行動(感情)を起こさせるようにするための表現手法、なのではないでしょうか。

避けたほうが良いデザイン

一時期デザイナー界隈で有名になった「プロダクトデザイナーの皆さん。コップの底をカテナリ曲線にしてはいけません。」という内容のツイートをご存知でしょうか?

かなりインパクトのある動画で多く拡散されているので、デザインに明るくない方でも見たことがあるかもしれません。

デザインとしても美しいとされている「カテナリー曲線」をコップの底のデザインに採用したことで、見た目上は美しくても実際使ってみると不便のあるデザインになってしまっています。これでは、気に入って購入してくださった方が実際に使ってみてから残念な思いをし、泣く泣く物置に仕舞われる…という悲しい連鎖が起きてしまいます。最悪の場合、クレームにつながってしまうかもしれません。

一生懸命作ったデザインで人をポジティブに感動させることができなければ、デザイナーはひどく落ち込むことでしょう。デザイナーは往々にして、人を悲しませるためにデザインをしているわけではないのです(中にはそういうデザインもありますが)。

何故デザインはただ見た目が美しいだけではダメで、ユーザーのことまで考える必要があるのか。

デザインは、人のためにあるべきです。そのデザインを見て感動するのも、行動を起こすのも、すべて人です。受け取り手である人(ユーザー)が受け取る時のことも考えなければ、そのデザインを使う場面でよいパフォーマンスを発揮することができないでしょう。要するに、見た目はいいけど分かりにくかったり、使いにくいデザインというものは、「見た目の良さしか印象に残らないので、見られて終わるデザイン」になってしまうということです。

独りよがりの見た目だけのデザインは「避けたほうが良いデザイン」で、ユーザーに想定通りの行動を起こさせることのできるデザインが「良いデザイン」であると、この一年で私は学ぶことができました。

色にはそれぞれ意味がある

「色」は、それぞれ意味を持っています。

たかが「色」、されど「色」。色の持つ心理的効果を侮ってはいけません。色は私達の心理に働きかけることができる、簡易的なツールなのです。


これはかの有名な「いらすとや」さんから拝借してきた、カレーライスのイラストです。美味しそうですね。やはりカレーといえば白いご飯(もしくは黄色のご飯)に茶色いルーがかかっているものですよね。

しかし以下のようなカレーだったらどうでしょうか。

青いカレーです。実物を見てもカレーに見えません。私は食べたことが無いのでわからないのですが、この見た目でカレーの匂いを漂わせていたら脳が混乱します。吐き気さえするかもしれません。青色には食欲を減退させる効果があるので、ダイエットに利用している方もいるようです。それほど、カレーライスと青色の組み合わせは「アンマッチ」なのです。

これはデザインに使用する色にとっても言えることで、色の選び方には良し悪しがあります。「青色が食欲を減退させる」ように、色にはその色が持つ心理的効果がありそれを考える必要があるのです。

例えば赤色は、警戒色でパトカーの回転灯やカラーコーンなど、注意を促したい時に利用されます。また情熱的であったりエネルギッシュなイメージがあるため、ユニフォームやパワフルさを推したい企業のイメージカラーとして利用されたりしますね。

青色は食欲を減退させるだけではなく、知的で落ち着きのあるイメージを与えるため、男性用用品やサッカー日本代表のユニフォームに用いられるなど、真面目さやクールさを表現したい時に利用されています。また涼しさを感じさせるため、プールやスポーツドリンクには青色が多く用いられていますね。

このように、大きくカテゴライズされた色にもそれぞれ固定観念的な意味合いが強くあり、それを意識してデザインできるかどうかで、結果が大きく変わってきます。

WEBデザインの中で具体的な例を挙げると、ダウンロードボタンは緑色が、CTAボタンは赤色が非常に良い結果を残す事ができる色です。(参考:https://swingroot.com/conversion-cta/

もちろん色の選択だけがコンバージョン率を改善するために有効な手段というわけではありませんが、大きな影響を与えていることは間違いありません。

「サイトのイメージカラーが青色だし、ボタンの色も青色でいいか」などと決めてしまうのはあまりにも安直で、それでは結果が伴わないでしょう。必ずしもそれがデザインとして駄目というわけではありませんが、上記で述べたように「見た目だけのデザイン」になってしまいかねません。何故その色を選択したのか?何故その位置なのか?何故その形なのか?それはボタンとして認識してもらえるか?デザイナーが考えることは沢山あります。

まとめ

かっこいいから、かわいいからという理由だけで決めてしまわないデザインが、「良いデザイン」であると私は確信を持っています。

デザインを普段しない方は見た目の良し悪しだけではなく「このデザインにはどういう意味があるのか」と一度考えてみてください。デザインを読むことができれば、街を歩くのも楽しくなるかもしれません。

この記事を書いた人

赤堀
インターネットサービス事業本部 企画開発本部
赤堀

おすすめの記事