最初は分からないことばかり。でも少しずつ自分の世界が広がっていくことにワクワクしながら仕事をしています。

牧野 優生 YUKI MAKINO

2017年 新卒入社
インタネットサービス事業本部 企画開発本部 マーケティングチーム / スタッフ
  1. HOME
  2. 新卒採用
  3. 社員インタビュー - インタネットサービス事業本部 企画開発本部 マーケティングチーム 牧野 優生

ファブリカに入社した理由を教えてください。

学生時代の経験から企画の仕事をしてみたいと思い、ファブリカの企画職のインターンシップに参加しました。その時にレクチャーをしてくれた先輩社員の姿を見て「この人たちと一緒に仕事をすれば、きっと自分も成長できる!」と思ったことが入社のきっかけです。ITの業界も車の業界も今まで携わったことのない分野だったので大丈夫かな…と心配な気持ちはありましたが、どうせなら新しい場所でチャレンジしてみようと思い入社を決めました。

仕事以外に熱中していることはありますか?

日本男子プロバスケットボールのBリーグが大好きです!学生の頃に記者として選手の密着取材をしたことがきっかけで虜になりました。休日は試合観戦に足を運んだり、ネット配信を見たりして楽しんでいます。他のスポーツより間近に選手を見ることができ、コート上をLEDで彩った演出やチアのパフォーマンス、ブースター(ファン)の熱量は実際に目の当たりにするととても感動します。最後の1秒までどちらが勝つか分からない試合に毎回ドキドキさせられています。

現在の仕事内容について教えてください。

マーケティングチームで自社サービスの運用を担当し、毎日サイトのチェックや集客数・申込数などのデータの管理を行っています。また、市場調査や競合サービスと比較をしながら、どのような施策をおこなえばさらに集客・申込みを伸ばせるかを考えて企画を立てることが主な業務です。またその企画を実際に形にするために、要件の管理や開発メンバーのスケジュール管理を行うディレクター業務も担当しています。

ファブリカはどんな会社ですか?

個々のスキルを伸ばすことが結果として会社にプラスになるとして、挑戦したいことや、やりたいことを後推ししてくれる会社です。挑戦したいことを上司に話す機会もありますし、それを前向きに考え、また全面的にサポートしてくれるところがいいなと思っています。業務に繋がることであれば、必要な本や書籍を購入したり、社内のセミナーを開いてくれたり。社内にノウハウがない場合は外部のセミナーに参加して学ぶこともあり、モチベーションに繋がっています!

入社したあと、成長できたと思うことを教えてください。

苦手なことも「まずはやってみる」ことの大切さを学びました。入社当初は電話も苦手、数字管理も苦手、プログラミングも英語も…と、苦手意識ばかりの私でした。しかし上司に「大丈夫、やってみましょう!」と言われて取り組むうちに、苦ではなくなっていました。もちろんそれでもできないことはありますが…そんな時は誰かに頼ったらいいんです。自分にはできないと壁を決めずに、「まずはやってみる」精神でこれからもチャレンジしていきたいと思っています。

ある1日のスケジュール

09:30
出社。朝礼後、前日の数字確認やメールや新着ニュースのチェックなど。
10:00
マーケティングチームで15分間のミーティング。数値や情報の共有、メンバーの状況確認。
10:15
会議資料の作成。先週のサイトの状況や、市場の動きなどを分析し資料にまとめる。
12:30
昼食。同期と旅行の計画や最近の出来事について話しながら、社内の休憩スペースでお弁当を食べます。
13:30
コラム記事の案出し。ライターに発注するための準備としてタイトルや見出しを決める。
15:00
企画。市場分析や競合調査をして、自社サービスの改善点とその期待効果などを考案。
17:00
今後の施策についての打ち合わせ。自分が考えた企画を提案し、上司や先輩からの意見をもらう。
18:30
帰社。ジムに行ったり、勉強をしたり、映画を見たり。