1. HOME
  2. テックブログ
  3. メタバース体験!Oculus Quest 2でimmersedを使ってバーチャルオフィスにチャレンジしてみた話

メタバース体験!Oculus Quest 2でimmersedを使ってバーチャルオフィスにチャレンジしてみた話

Facebook社が会社名を「meta」にするなど、メタバースという言葉が注目を集めている昨今。

少し前に、英会話をVRで行うことを目的に、前出のmeta(元Facebook)が販売している「Oculus Quest 2※」を購入していたので、こちらを使ってバーチャル空間を体験してみようと思い立って実際にやってみたのでご紹介したいと思います。

※現在は名称が変わって「Meta Quest 2」になっていますが、購入時点の名称で記載します。 

↑My Oculus Quest 2。ヘッドセットと左右のコントローラーから構成されていて、充電式の完全ワイヤレスです。

メタバースとVRの違い??

メタバースは「meta」と「universe」をくっつけた造語で、「異次元空間」のこと。しかし、VRも異次元空間と言うのでは?と、最初にメタバースという言葉を知った時に思いました。

少し調べてみたところ、メタバースはその異次元の中で「他者とコミュニケーションをとる」というニュアンスが強くなるようですね。

今回は「Oculus Quest 2」の中で空間を作ってみるので、コミュニケーションをとるところまではできませんでしたが、その空間作りを楽しんでみます。

immersedを選択

メタバース空間の作成でよく紹介されているものには「Horizon Workrooms」と「immersed」がありました。アバターでコミュニケーションをとってZoomの代わりにWEB会議などに向いていそうな「Horizon Workrooms」と、仕事空間として大いに活躍しそうな「immersed」という印象。今回はimmersedを選択しました。

紹介サイトより

まずはインストール

手持ちのPCでFacebookにログインして、immersedのダウンロードをします。immersedのダウンロードが終わると「Oculus Quest 2」の方にも表示されているので、こちらにもインストールします。

ヘッドセットを付けてみると、チュートリアル画面が始まって、ジョシュが登場!目の前ではなく空間の右側の方に現れるのですが、きちんとそちらの方から声がするんですよね。よくできています。

きっと複数人で同じ空間に入ったら、その方向にいる対象のアバターから声がするんだと思います。アバターのちょっとした動きも、実際の表情が見えない代わりに気持ちが伝わってくる感じがしてGood。

ただ、このチュートリアルでちょっと苦戦したのが、全てが英語で進められるということ。

こんな時にこちらで紹介した英会話の実践が求められるなんて(笑)。

結構早口ですから、何度も聞き直しました。しかも流石VRの空間の中という感じで通常の2次元で行うようなモーションからは想像がつかないアクション(この画面に映っている紫色のパーツにショットを当てろとか、手首周辺に現れたサークルに触ってみろとか)の指示が出ているので、感覚だけで進められずにちょっと時間がかかりました。。

いろいろ空間をいじってみた

苦労しながら、なんとか空間の作成に成功。

これが初期設定のお部屋です。周りを見渡すと別荘のような空間が広がっています。いい感じ!

いくつか選択肢があるので空間を変えてみます。

高層階でのオフィスっぽい感じなりました。

日によって場所を変えて作業するということができそうでいいですね。

設定画面です。キーボードを認識すれば画面の中にも現れて、自分のPCの操作と連携。操作性も悪く無いです。

右側にあるのはホワイトボード。フレンズを呼べば議論するということに使えそうです。

あとimmersedのいいところは、PC画面を追加できるところ。集中して作業するのに1画面ではエンジニアの方は足りないでしょうからこれはいいですよね。

在宅勤務の多い方!この「Oculus Quest 2」を購入するだけで異空間に突入できるのでお安いものかも。ちなみに有料も無料も、たくさんのアプリケーションが出ていますがimmersedは無料です。

余談

「Oculus Quest 2」の唯一にして最大の欠点は重たいこと。たかだか500gですし、しっかりバンドで固定するので最初の装着感は「これならアリかも!?」と思うのですが、数十分してくるとずっしりと首に負担がかかります。私はほっぺ上部付近の締め付けのせいでタルミそうだなーというのが一番気になりました。エクササイズのアプリもたくさんあったのですが、激しく動くのはちょっと怖いです。

この負担を軽減してくれるアクセサリももちろん出ていますので、長時間の利用には必須かなと思います。

私はこんなふうに、バンドは緩めにして手で押さえてタルミ防止対策して使っています。(片手しか使えない!)

余談2

我が家でのお気に入りアプリケーションは「エピックローラーコースター」です。

こちらも無料!実際にはありえないような、グルングルン回るコースターを楽しめます。(酔いやすい方は要注意)

シューティングゲームの要素も入っているので、ちびっこもノリノリで遊んでいます、むしろ大人はすぐに酔う。。

遊園地気分も味わえるし、大画面にミラーリングすれば家族で楽しめますよ。

ファブリカコミュニケーションズで働いてみませんか?

あったらいいな、をカタチに。人々を幸せにする革新的なサービスを、私たちと一緒に創っていくメンバーを募集しています。

ファブリカコミュニケーションズの社員は「全員がクリエイター」。アイデアの発信に社歴や部署の垣根はありません。

“自分から発信できる人に、どんどんチャンスが与えられる“そんな環境で活躍してみませんか?ご興味のある方は、以下の採用ページをご覧ください。

◎ 新卒採用の方はこちら
◎ キャリア採用の方はこちら

この記事を書いた人

磯村 晶子
IS事業本部 デジタルマーケティング事業部
磯村 晶子

おすすめの記事